星野リゾート リゾナーレ熱海

旅行

 2022.01.20

星野リゾート リゾナーレ熱海1

国内旅行で子連れにおすすめの高級宿と言えば、『星野リゾート』が有名ですよね。

今回は、その中でも特にファミリー向けのブランドである『星野リゾート リゾナーレ熱海』に家族で一泊してきました。

チェックインから部屋の様子、館内施設や食事・アクティビティなど、一通りレポートして感想を述べていきたいと思います。

そろそろ夏休みの旅行を計画されている方もいることでしょう。

関東地方にお住まいの方などで、コロナ禍で遠出は出来ない、でも近場で良いから旅行に行きたいという小さいお子さんがいるご家庭に、少しでも参考になれば幸いです。

リゾナーレ熱海は、山の上という立地で、道が若干細く、宿に辿り着くまで少し迷います。

青を基調とした“花火”をイメージしたホテルで、至る所に花火をモチーフにしたデザインが施されています。

星野リゾート リゾナーレ熱海3

広々とした吹き抜けのフロント&ロビー。

入り口が10階にあり、そのため窓の外はいきなり海を見下ろすオーシャンビュー。

星野リゾート リゾナーレ熱海4

フロントがあるホテルA棟とホテルB棟に加えて、2階の連絡通路で繋がっているテラス棟があり、縦に長くて広い印象です。

我々は、そのテラス棟にある『コーナーテラス』という128.5㎡のスイートルームを予約しました。

星野リゾート リゾナーレ熱海5

とは言っても、リゾナーレ熱海には、愛犬ルームを含めて10種類以上の部屋があり、一番ベーシックな部屋でも60㎡以上あるので、どの部屋に泊まっても快適に過ごせると思いますよ。

また、乳幼児がいるご家庭には、『ベビースイート』という客室がおすすめ。

星野リゾート リゾナーレ熱海6

100㎡以上の部屋にベビーベッドやおもちゃはもちろん、ポットや電子レンジ、ベビーカーに子供用の椅子、ベビーシャンプーやバスチェア、そして何とおむつ替えセットや哺乳瓶の洗浄キットに至るまで、ありとあらゆるベビー用品が揃っています。

「あ!○○を忘れた!」なんてことが日常茶飯事の子連れ旅行にとって、わざわざレンタルしたり、現地で調達したりする煩わしさがないのは、非常に助かりますよね。

ベビー用品に関しては、手ぶらで来られるんじゃないか!?というぐらい充実しているので、ママやパパにとっては感動ものでしょう。

星野リゾート リゾナーレ熱海8

和室も全室に完備されていて、ホッと落ち着くことが出来ます。

壁には冒頭でも述べた、花火のイラストが飾ってありました。

右下にチラッと写っていますが、子連れで予約すると、ブロックのおもちゃを用意してくれます。

些細なことですが、小さい子供を持つ親にとっては嬉しい心遣いですよね。

星野リゾート リゾナーレ熱海7

部屋のテラスからの眺め。

全室オーシャンビューなので、眺望が外れという部屋がないのがポイント。

どの部屋からでも海を見ながらリラックスすることが出来ますよ。

花火大会の日には、テラスが最高の特等席に早変わり。

この眺めはヤバいですね、是非とも一度は部屋から花火を見てみたいものです。

アスレチック『森の空中散歩』で大はしゃぎ!

部屋で一段落した後は、すぐさま『森の空中基地 くすくす』に向かいます。

こちらには樹齢が約300年のクスノキのツリーハウスや、アスレチック『森の空中散歩』がありますが、ツリーハウスは見学も自由です。

星野リゾート リゾナーレ熱海12

森の空中散歩 ベーシックコース1名/税込2,500円   ステップアップコース1名/税込2,800円

森の空中散歩は、基本的に前日17時までの予約が必要ですが、空きがあれば当日でも受け付けてくれることがあります。

5歳以上かつ108cm以上の宿泊者というのが参加条件で、未就学児は保護者が一緒に参加しなければいけません。

所要時間は約1時間で、約15分の安全講習の後もガイドさんが常駐しているので、小さい子供でも安心して楽しめますよ。

星野リゾート リゾナーレ熱海13

アクティビティが出来ない当時3歳の次男は、地上のアスレチックで遊びながら、ママとお留守番でした。

星野リゾート リゾナーレ熱海14

屋内の『キッズルーム

ボルダリングやボールプール・すべり台など、小さい子供でも無料で楽しく遊べるスペースがあるのは貴重ですね。

星野リゾート リゾナーレ熱海15

キッズルーム 営業時間/8:30~20:00

特に予約が必要な訳でもないので、突然の雨などで屋外で遊べなくなってしまっても、こういったプレイルームで体を動かすことが出来ます。

熱海と言えば温泉!標高170mから相模湾を見下ろす絶景の半露天風呂

星野リゾート リゾナーレ熱海16

営業時間/15:00~翌1:00 、4:30~11:00

ご覧の通り、絶景です✨

この『明星の湯』に関しては、景色はこの写真のまま。

本当に美しいです。

この他に内湯も2種類あり、サウナも併設しています。

リゾナーレ熱海は、ホテル内を専用の浴衣で歩けるので、夜もリラックスして過ごせます。

星野リゾート リゾナーレ熱海25

営業時間/9:00~20:00(1時間入替制)

それと、私たちは利用しませんでしたが、リゾナーレ熱海には大浴場とは別に、2種類のプールもあります。

幼児用プールは、水遊び用おむつを穿けば、おむつの取れていない赤ちゃんでもお父さんお母さんと一緒に入れるので、乳幼児お断りの施設も多い中、こちらのプールは家族全員で遊べるのが良いですね。

プールの使用は完全予約制で先着順なので、予約するには2階のプールにある受付まで行く必要があります。

雨の日でも安心!室内のアクティビティを満喫

星野リゾート リゾナーレ熱海18

もぐもぐ 営業時間/朝食=7:00~10:00(L.O.) ランチ=12:00~13:30(L.O./土日祝日のみ) ディナー=17:30~21:00(L.O.)

海をテーマにしたレストラン『もぐもぐ』でビュッフェ形式の朝食

星野リゾートは、その土地の特色を前面に出した食事が美味しいんですが、熱海ではやはり海の幸が有名なので、魚を使った料理が多く感じました。

こちらのレストランは、キッチンスタジオを併設しており、4歳~小学生までのお子さんがパティシエ体験が出来る『キッズスタジオ』というアクティビティもあります。

星野リゾート リゾナーレ熱海19

花火 営業時間/17:30~、19:30~(要予約)

また、リゾナーレ熱海にはもう1ヵ所日本食レストラン『花火』があり、こちらは完全予約制。

本格的な和会席料理が食べられるので、大人だけのグループなどには雰囲気が良くておすすめですよ。

お子さんは無料のベビージッターに預ける事ができます。お子さんを気にせず、二人だけの時間を楽しめます。

星野リゾート リゾナーレ熱海20

営業時間/平日=10:00~12:00、16:00~18:00 土日祝日・繁忙期=9:00~14:00、16:00~19:00(15分入替制)

4歳以上から出来ますし、ハーネスを装着した上でスタッフの方も付いてくれるので、安全面もバッチリですよ。

全部で3コースあり、難易度が若干違うみたいです。

営業時間/8:30〜20:00(予約受付=8:30〜17:00)

ちなみに、アクティビティ関係は全てフロントから上の写真の階段を下りた先にある『アクティビティラウンジ』という場所で予約します。

その近くにクライミングウォールもあって、フロントからも目立つので、すぐに気付くでしょう。

営業時間/10:00〜23:00(L.O.22:30/21:00~22:00は12歳以上のみ利用可)

ソラノビーチBooks&Cafe

ホテルの最上階にあるこのカフェスペースは、まさかの足元が白砂のビーチ!

オシャレな飲み物もたくさんあり、お酒も飲めるので、大人だけでも、のんびりと読書をしながら贅沢な時間を過ごすことが出来ますよ。

これは他のホテルでは見たことがない、素敵なアイディアだと思います。

この施設を一言で表すならば“子連れで泊まりたい宿”といったところでしょうか。

大人だけでも十分楽しめますし、部屋の広さ・快適さは素晴らしいものがあります。

しかし、リゾナーレ熱海を最大限に楽しめるのは、やはり子供連れで来る家族でしょう。

普通の高級宿では出来ない体験を、アクティビティを通してたくさん経験することが出来ますし、天候に左右されることなく遊べるというのは、旅行の日程を組む上で、地味に重要だったりします。

せっかくの旅行が、天気のせいで台無しになるのは避けたいですもんね。

リゾナーレ熱海は、春夏秋冬どの季節に行っても、それぞれの時期に相応しいイベントやアクティビティが用意されていますし、屋内でも屋外でも同じぐらい楽しいことが待っているので、たくさんの旅行の思い出が必ず残りますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました